スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
| - | pookmark |

行列のできる土木相談所
突然のメールで、
第二回景観・デザイン研究発表会打ち上げにいってきた。

今日話したことを、全部メモしておきたい。
が、そんな頭は残念ながらない。ああ非常に残念だ。
それにしても、景観の第一線で働いている社会人の方々は本当に元気がいい。
去年からお世話になっているまちづくりの団体の人たちも本当に元気がいい。

きっと、未来が明るいからでしょう。
いや、未来を明るくしようとしてるからでしょう。

そんな風になるために、生きるために就活は手を抜けないなぁ。
やっぱり土木の仕事をしたいと思った一日。


今日の話のテーマは
ニューヨークがなぜ暖かいか?
東京がなぜ冷たいか?
日本でメールが普及している理由は?
建設コンサルはなぜ小さいか?
WSは必要ない?
住民参加などくそくらえ?
などなど、いろいろあったけど
土木の評価が低いのが問題であるということが最後の話題となった。

こんなすばらしい国はないと。
洪水やら台風やら地震やらで街はたしかに破壊される。
が、あれだけの被害に収まっていることを評価しなくてはいけない。
さらに、電車がいつも正確に動いているというのも凄いことである。
3分の遅れがなんだと?それですんでいるのがまたすごいことである。
とにかく、普段当たり前と思って生活しているが、
その下にはものすごい数の土木やさんが関わっていることを忘れてはいけない。
自分は土木でずっと勉強をしているが、それでもこのことを
当たり前と思ってしまうことがある気がする。
少なくとも土木の仕事をしている方々には及ばない。
もっと意識を高く持たなくては。

ここで、今日聞いた一般人の土木を見る目のエピソードを二つほど。

EPISODE1
「NOVAのティッシュ配り」
ある人が作業服でいるときはティッシュを配られなかった。
スーツに着替えて前を通るとティッシュは配られた。
なぜか?
聞いてみると、NOVAのマニュアルに
英語を必要としている人にだけ配るように書かれているらしい。
要するに作業服の人はその程度にしか思われてないということらしい。

EPISODE2
「街の親子の会話」
お母さん:勉強しないとああなってしまうわよ。
ああとは作業服を着ている人のこと。
作業服を着ている東大生もたくさんいるんですけど?
誰のおかげで平和に生きていると思っているのだか。


こんな熱い話を聞かせてもらって、
タクシーで送ってもらって、
もう3時ですな。
明日は説明会の類が三つとバイトなんですがどうしましょう?
いや、若いんだからがんばりましょう。
体力があるってすばらしい。
健康な体に産んでくれた親に感謝しなければ。


今日の教訓は
『当たり前のことを当たり前と思わないことは非常に大切である。』
かな。
| 03:18 | comments(5) | trackbacks(1) |
| - | pookmark |

スポンサーサイト
| 03:18 | - | - |
| - | pookmark |

           
Comment
いいねぇ。こういう話、就活が本格化する前にしましょう是非。
研究室で飲みながらとかでもいいしw
同じ志を持った人と話すことで、想いを確実なものにできる気がするよ、うん。

私も前に日記でちらっと土木に対する視線うんぬんについて書いたけど、
あの時「社会人になってから土木に対してもっと知らなきゃって思うようになったよ」ってメールくれた友達(専攻は全然違う理系)がいました。
分かってくれている人も確実にいることは忘れちゃいけないよね。
被害妄想になりすぎないように、と反省した出来事でした。
Posted by: りっこ |at: 2008/01/25 4:54 AM
学科名が変わっていること自体がもう逃げの姿勢だよね。入ったときは土木だったのになぁ。
このまえこの記事のようなことを友人と話していたけど、
結論としては日本の理系人間の賃金の安さが問題だと。
土木人間に限らず、『だれのおかげで・・・』っていう思いを持つ人は多いと思う。もっと他人に興味をもち、他人をもっとリスペクトすることが大事だと俺は常日頃思ってます。

>電車がいつも正確に動いているというのも凄いことである。
激しく同感。
Posted by: pma |at: 2008/01/25 7:59 AM
>りっこ
こういう話は学生でできるかなぁ?
少なくとも俺はまったく被害受けてないんですがw
きっと土木の業界入って、自分の位置を客観的に見られる余裕が
出てきて話せるとおもしろいよね。

同じ志という言葉を拾うと、文系のひとの意見を聞くと
(もちろん全員ではない)
やたらと自分が成長したい!みたいな話をするけど
働くってそういうことかなぁ?
なんか最終目的がずれている機がするけど。
自分が成長することなんて当たり前じゃない?
なんて。甘いなぁ。と思うけど、俺の方が甘いのか?


>PMAさん
土木人間に限らず、『だれのおかげで・・・』っていう思いを持つ人は多いと思う。
なるほど。
でもやっぱり、そういう人は少ない気がするんですよ。
みんなが社会に貢献しているって自信を持って働くことが
大事なんじゃないかと、いま思いました。
こういう気持ちって、就職活動をしている学生から感じられないんですよね。みんな自分が自分がみたいな。
日本って言う国があって、その中に自分がいる。
もっと言えば、地球という星があって、その中に自分がいる。
そんなこと思っている人いないですねw
Posted by: soebeans |at: 2008/01/26 5:40 PM
>社会に貢献しているって自信を持って働くことが
大事

うんそうだよね。なんでもかんでも『すみません』をすぐ言ってしまうよりも、自分の仕事に誇りを持って堂々と誠意的に働きたいものですな。働き出したら忘れちゃうことなのかも心ないし、就活中だからきづくこともある。まぁそれにしてもおもしろいテーマだよね。

よし、修論終わったら吉祥寺いくぞ!!
Posted by: pma |at: 2008/02/03 9:29 AM
吉祥寺ぜひ!!

>就活中だからきづくこともある。
それは本当にありますね。
最大限きづかさせてもらいます。
Posted by: soebeans |at: 2008/02/03 11:27 AM









Trackback
目標を持って、行動をする。 だけど行動して、いきなり望むものすべてが手に入るとは限らない。 むしろ、すぐに手に入らないことの方が多いですよね。 だってみんなの目標は大きなものだと思うから。 毎日大きな
最大限の自分になる! | at: 2008/01/25 3:46 AM



New Entries
Category
Counter
qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM

Archives