スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
| - | pookmark |

ALWAYS 三丁目の夕日
よかったなぁ。

とにかく、みんなが暖かくて生きることに必死で。

昔は、持っているだけでぜいたく品だった三種の神器
「冷蔵庫」「洗濯機」「テレビ」
いまでは一人暮らしの親のすねかじって生きている貧乏学生の俺でさえ
全てそろっている。

それなのに、ALWAYSの人をうらやましく思ってしまう。

俺も毎日もっと楽しくしっかり生きていかないと。


ALWAYS 続・三丁目の夕日もぜひ見なければ。
なんといっても、去年必死に書いた卒業論文の対象地の一つである日本橋に
今話題の高速道路ができる年のお話ですから。

日本橋

日本橋
日本橋(2006)





ここから下はだらだら。

今日テレビでやっていたALWAYSの時代、
東京タワーが建つ頃なんてぜんぜん生きてないはずなのになぜか懐かしかった。
俺が小学生のころは、まだ近所づきあいなんてものがあった。
駄菓子屋もあったし怖い大人もいた。からかなぁ。
ただいまーいってきまーすなんてのも懐かしいw

今の子どもは、どうなんだろう。
テレビで、乾杯(最初の一杯)ビールの割合のデータを出していたけど
最近は半分以上の人が乾杯をビールでしないらしい。
科学的に解説していた人によると、小さい頃に苦いものを食べていないせいで
苦味が苦手な人が増えているらしい。

うーん、何か大切なものを失っている気がするのは俺だけかなぁ。
最近は個性重視で、飲みたいものを頼むのがいいんすよ、みたいな若者が…
ビールの話だと偏ってしまうけど、最近の若いもんは(俺含む)根性がない気がする。

そういえば、「最近の若いもんは」なんていうフレーズも最近聞かない気がする。


最後に、ドラマや映画でよくテーマにされる
お金より大切なものがある。
時代は変わっても、変わらないもの。
について。

人の気持ちはもちろんのこと、都市にも同じようなものがあるんだろうなぁ。
ALWAYSに出てくるような街並みも東京タワーも日本橋も。
きっと当時の人たちは、舗装は土、家は木造、路面電車が走り、
ビルディングもビルヂング、そんな街で生活しながら
また、ALWAYS最後のシーンのように東京タワーと夕日を眺めながら
それぞれの思いを巡らせていたのだろう。

時代が変わっても変わらないもの。
これは非常にいま興味のある言葉であることに間違いはないですな。
論文にせよ、研究室のプロジェクトにせよ、何かヒントが得られればよしです。

懐かしくて、いいなぁっていうのも大事ですが、やっぱり更新もしないと。
六本木ヒルズやミッドタウン、立体都市公園制度が正解かは分からないけど、
都市も間違いなく更新されているわけで。
俺自身も更新していかなければ。
以上、意味のない長文でした。
| 00:32 | comments(2) | trackbacks(0) |
| - | pookmark |

スポンサーサイト
| 00:32 | - | - |
| - | pookmark |

           
Comment
おまめはビールがやっぱり飲めません汗
炭酸がどうも・・・苦手で・・
あたしも見ましたよ!
本当。まだ自分が小さい頃はまだよかったな、と思うばかりです・・・・・・・・
Posted by: おまめ |at: 2007/11/04 10:07 PM
ALWAYS 三丁目の夕日いいですよね。
最近、続も見に行ってしまいました。
やっぱりよかったです!
Posted by: soebeans |at: 2007/11/07 11:02 AM









Trackback



New Entries
Category
Counter
qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM

Archives