スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| | - | - |
| - | pookmark |

鞆の浦がくれたもの
ちょっと前の話ですが
鞆の浦が話題になっていた。


つい最近鞆の浦に行ってきたこと。
日常のニュースで「景観」というフレーズをメインに聞けたこと。
研究室の飲み会で先生の意見を聞けたこと。
そこで、宮崎駿さんの会見を紹介してもらったこと。

などなど、今振り返ると
いろいろと鞆の浦につながっている。

宮崎さんの会見に
「これをやればなんとかなる、という、
 そういう簡単な問題ではないと思うんです。
 オリンピックやれば何とかなるとかね、
 オリンピックやらなきゃなんとかならないとか、
 そういう風に問題を単純化してはいけない
 というふうに思います。」
という言葉があった。

これを読んで世の中はこういう風にばかり
動いているのかもしれないと思った。

(ただ、東京オリンピック体験したかったなぁ。。)

単純化しないと答えを出すのは難しいけれど
単純化しないおかげで見えてくるものも
多くある気がする。

すぐ答えを見つけようとせずに
いろいろ考えて生きたい。

例えば、いま環境G(びっくり人事!?)にいる意味とか価値とか。
ちなみに、楽しさは大分見つけた。
3日しか経験してないけれど
音だとか揺れだとか空気だとかオオタカだとか
まさにinvisible streamな感じで楽しい。
いまのところは。


書きたかったことが
ほとんど書けてない気もするけれど
宮崎さんのまちに対する考え方や日本に対する考え方が
少しでも知れて良かったという日記でした。

ほかにも考えさせられるフレーズがたくさんあるんで
読んでみてください。



 
| 00:03 | comments(35) | trackbacks(24) |
| - | pookmark |

           


New Entries
Category
Counter
qrcode

無料ブログ作成サービス JUGEM

Archives